• ホーム
  • 会社案内
  • 事業内容
  • 経営理念
  • 採用情報
  • お問合せ
MSS 事業内容
 
RTK-GPS杭芯設置(確認)測量
3Dレーザスキャナは、レーザーが往復する時間を計測することで距離を測定し、同時にレーザを発射した方向を観測することで、対象点の3次元座標を取得するものです。
リアルタイムで杭芯位置確認可能

1.位置計測が高速。(X,Y,Z,RGB)
レーザー光が1秒間で30,000点の3D座標データを取得しますので
生産性が大きく向上します。

2.人が近づけない災害箇所等で活用できる。 
 1m~最大500mの範囲でデータの取得が可能。

3.3次元立体成果が得られる。 (お客様への説明で効果的)

4.任意の箇所で計算できる。(計画変更でも再測不要)
 取得された3Dデータは自由な方向から検証することが
 可能です。
5.CADデータとして活用できる。
6.維持管理システムやGISに利用できる。

GLS-2000の主な仕様


GLS-1500の主な仕様